« 夢 | トップページ | 雫 »

2008年3月18日 (火)

空ばかり見ていた

 つむじ風の遊歩道 三日月追う靴音

 そっと吐き出す息はまだ白く 空に溶け込んでゆく

 馳せる夢と想いを ひそやかな呟きを

 ちょっと吐き出し星を見つめる 「大層なもんじゃない」

 君は今どうしてるかなぁ 柔く笑っているのかなぁ

 僕は今考えている どうしようもないこと考えてる

 明日にはまた君と共に 肩を並べて笑えますように

 かすかでもそう君と共に ただぬくもりを抱けますように

 想いながら 空ばかり見ていた

 動き出した電車の 灯かりが僕を追い越す

 「きっといつかは」 そんな風に想う 鳴り始めた鼓動

 道を辿り 部屋に戻る 眠りにつき 朝を迎える

 その間考えている 正直に無邪気に考えてる

 明日にはまた君と共に この世界を歩けますように

 願わくばそう君と共に ただぬくもりを創れますように

 想いながら ほら想い続ける

 この声が羽を携え ゆらめき飛ぶ歌に変わって

 彩られた街を抜けて 正しき場所へ届くように

 明日にはまた君と共に 肩を並べて笑えますように

 かすかでもそう君と共に ただぬくもりを抱けますように

 明日にはまた君と共に この世界を歩けますように

 願わくばそう君と共に ただぬくもりを創れますように

 想いながら 空ばかり見ていた

 空ばかり見ていた

-------------------------------------

 詩の形式と、文章の形式が同時に浮かび上がることは、誠に珍しい。

 どちらも、大切な存在になりうる気が、する。

 そちらが好きかと問われると、非常に困るものだ。

 思えば、案外僕は空ばかり見ている。

 晴れた日も、雨の日も、朝も、夜も。

 とりわけ夜は、空ばかり見ている。

 大切な何かを考えながら。     circus 

« 夢 | トップページ | 雫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79458/11491790

この記事へのトラックバック一覧です: 空ばかり見ていた:

« 夢 | トップページ | 雫 »