« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

僕は、春。

 まだかまだかと待ちわびる春は、まだ来ない。冬の匂いは影を潜めて、幾分ゆるやかな陽射しの世界が増えてきたけれど、まだ春と呼ぶには遠い。

 晩冬。そうかもしれない。晩冬という言葉の響きが、最も今の季節には近いかもしれない。どことなく、暗くひそやかなイメージが膨らむ。言うなれば、いつもの帰り道の途中に、ふと街灯が途切れていることに気付き、さらにはふと自らの孤独にも気がついてしまい、心がどこかに分散してしまうようなイメージ。いささかオーバーな気もするけれど、表現上に嘘はない。

 季節にはそれぞれ匂いがある。冬の匂いは影を潜めたのだけれど、細分化した意味での冬の匂いはまだ街を漂っている。

 春夏秋冬。ひとまずの括りはこの四つ。そしてそれぞれがさらに三つずつに細分化される。つまるところ一年の月の数と等しくなる十二の匂いが、世界を占める。もっともっと細分化することも出来るけれど、それはもはや意味がないように思える。厳密にしてしまえば、一日ずつ、あるいは一時間ずつでも匂いは異なるものなのだ。

 「好きな季節はいつですか」

 例えばそういう問いが投げかけられれば、僕は間違いなく春と答える。淀むこともなく、惑うこともなく、はっきりと確かな響きで春と答える。そしてまた、自らが同様の問いを投げかけた際には、相手が春と答えを導くとなぜか心が和らぐ。

 「春は好きですか」

 こう問うのは、実は野暮だ。春はおかしな季節で、おかしな事件や人も増え、いつも以上に陽気で、その空気感を少しばかりいぶかしく思う人もいるけれど、全くもって春など好かない人間に出会ったことはない。

 「君はどうだろうか」

 柄にもなく、そんなことを考える。僕はいつも出来る限り多くのことを考え、出来る限りそれぞれにバランスよく重きを置くようにしている。だからこそ、必要な時に自らの頭の中で混乱を招くこともあるけれど、それが僕の考え方だから仕方がない。マグロが常に海を回遊するようなものだ。僕は常に思考の中を回遊する。

 しかしながら、今回のこの考えだけはどうも異なる。「君はどうだろうか」という問い、突き詰めて言えばその問いの「君は」という部分に、随分と重きを置いてしまっている。

 春が好きだったら良いだろうな、と思う。けれどたぶん、それは違う。

 「僕は君が好きだ。君はどうだろうか」

 突如として、春の思考を飛び越えて、そんな思考に達する。いかにも幼稚な昇華であり、いかにも大切な昇華でもある。

 春の匂いが訪れるまでに。春を笑って過ごせるように。

 きっとこの思考は姿を変え、具体的な事象として動き、暗闇の中で春を待つ。

 静かな息吹だけを携えながら、進む。

 確かなタイミングと、確かな心を、合わせる。

 「好きな季節は、いつですか」

 僕は、春。

-------------------------------------

 春に関する何かを書きたいと思って、ただつらつらと書き連ねた言葉達。

 冬の彩から春の彩に変わる。冬の匂いから春の匂いに変わる。冬の心から春の心に変わる。

 今年の春は、良い春になれば良いなぁと、想う。     circus

2008年2月12日 (火)

1・2・3

 ワン・ツー・スリー このリズムで君と街を歩いてゆく

 イチ・ニィ・サン 深呼吸して太陽の匂いをかぐ

 見上げる空はやはり青くて 白い雲を指折り数えてみる

 これから巡り合う喜びを 思いながら少しはにかんで

 笑いも涙も夢も 愛も何もかも総てひっくるめて

 僕と君は生きる

 変わり映えしない日々でも どこか何となく二人幸せを

 創りだせるような気がするから

 アン・ドゥ・トロワ 口ずさんで胸の奥から沸き上がるほど

 一人でも君とのこと 想って考えたりして

 抱えた言葉 やけに多くて 選びきれない 伝えきれない

 だから揺るぎの無い喜びを 想いながらこんな歌を唄う

 笑いも涙も夢も 愛も何もかも総てひっくるめて

 僕は君が好きだ

 悲しく苦しい日々さえも きっとどこからか二人幸せを

 見つけ出せるような気がするから

 大層なもんじゃないけど

 そうだ 1・2・3 二人のリズム

 笑いも涙も夢も 愛も何もかも総てひっくるめて

 僕は君と生きる

 笑いも涙も夢も 愛も何もかも総てひっくるめて

 二人幸せを見つけ出せるような

 創りだせるような気がするから

-------------------------------------

 数ヶ月ぶりに、歌詞を書いた。貯めていたのとはまた異なるメロディーが見つかって、それがあまりに気持ちよくて、自然とイメージができた。

 相変わらず風景描写だとか、具体描写が少ないけれど、悪くない。

 この歌が気持ちよく唄える日がくれば、素晴らしいなと想う。     circus

2008年2月 7日 (木)

 突然、うららか過ぎるほどになめらかな歌が聞こえてきたと思ったら、木漏れ日の中に君はいた。どこかで聞いたことがあるような無いような、何の歌かは浮かんでこないが、とてもやさしい歌だった。

 「その歌は、何ていう歌だったかな?」

僕は自分の出来うる限り柔らかな声で尋ねた。本当は口を挟みたくなかったが、君に話しかけたい気持ちが勝ってしまった。

 「嫌い?」

今度も突然歌うことを止め、僕に返してきた。

軽く木漏れ日が揺れた。

 「そんなことはない。」

 「じゃあ、よかった。」

君はそっと微笑んだ。かの歌は、特に好きというわけではなかったが、確かに嫌いではなかった。君は少しだけ眩しそうに目を細めながら、再び歌い始めた。

君が一体何曲歌ったか、分からなくなった。それらの中に知っている歌もいくつかあったが、大半はやはり記憶の曖昧な歌達だった。僕は、君の隣の木漏れ日に場所を移した。けれど、話しかける気持ちはもうしなかった。その必要はとうに消えうせていた。

 「退屈かしら?」

 「え?」

歌の途中で、まさか君から言葉を出すとはまったく考えていなかったから、驚いて返事が出来なかった。

 「あなたは、私といて、退屈かしら?」

君はより噛み砕いて、そしてわずかに不安げに僕に投げかけた。

ぐっと、木漏れ日が揺れた。

 「全然、退屈じゃない。」

君は言葉ひとつ返さなかった。その代わりに、前よりも大きく微笑み、そして歌の続きを歌いだした。退屈なわけが無かった。もちろん、僕と君との間では、ほとんどと言っていい位に生産的な、建設的な活動は行われていなかったが、それは退屈かどうかとは別次元の問題だった。

 「むしろ、楽しいさ。」

僕は、自分に言い聞かせるかのごとく呟いた。当然、そこに嘘は無かった。

静かに木漏れ日は揺れ、静かに君は歌い続けた。

 「もっとずっと、この声で歌を聴いていたい。」

君はゆっくりと微笑み、またやさしい歌を歌い続けた。

-------------------------------------

 今の心持ちというか、感情というか、そういったものが滲んで出てしまっている。

 こと創作している文章に関しては、少なくとも自分の視点としては、自分のリアルな感情はあまり関わらせないようにしているのだけれど、時にこうなってしまう。

 優しい声が、聴きたい。     circus

 

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »