« 日常 | トップページ | やれやれ »

2007年4月18日 (水)

呟く

 ―どこか知らない遠くへ行けたら―、そんなことを考えていた。同時に僕には帰る場所など無いと思っていた。さらに言えば、僕を待ち受け入れてくれる人もいないと感じていた。それはこれまでの場面ではいつでも「真」だったし、逆に言えば僕の捉え方が間違っていたことは無かった。

 僕は、独りだった。

 純粋に独りだという意味ではないかもしれない。僕には普通に家族もいるし、親戚もいるし、同僚もいるし、僅かだけれど友達もいた。でも僕がいう独りというのはつまり、いわば数量の問題などではなく、もっとセンシティブな問題で、ずっとメンタリティの問題だ。

 壁を作っていた。一定以上に触れ合うこともなければ、馴れ合うこともないように。もちろん、幾度の恋愛はしたけれど、それでも僕はある意味での壁を崩さなかった。一般的に見れば、なんて性格の悪い人間だろうと思う。しかし、確かにそれが僕であることはどの角度から考えても事実だった。

 遠くへ行こうとしても、現実としてそう上手くは行かないものだった。この世の中、金がなければ生きていくことは出来ないし、その金は空から勝手に降ってきたりしないし、まして土から生えて来ることもない。働いていなければ、この生命を維持することは出来ないのだ。僕は延々と長生きしたいとは全く思っていなかったけれど、早く死にたいとも思わなかった。きっと、何か希望を持っていたのだと思う。

 その希望が、形になったのだろうか。

 ある人に出会った。かつての同僚といっていいだろう。共に時間を共有し、共に志を抱きあったこともあったと思う。当時の僕は、その人を珍しく気に入っていた。当然だけれど、壁は残したままだったが。でもなんのことはない、いつも通りの人間関係を築いたに過ぎない。改めて出会ったのは、そういう人だった。

 他愛もない会話を交わした。内容だけ取ってみれば、表現は適切だ。端から見れば本当に大したことのないものだっただろう。「お元気ですか」、「もちろんです」。そういうレベルだ。

 でも、僕にとっては。

 会話の内容ではなくて、その全体の総じた空気がすごく特殊だった。彼女はずっと以前と変わらぬ、否、以前よりもさらに心地良い笑顔を浮かべていたし、何よりも言葉の現れ方が柔らかく優しかった。これまでに感じたことのない優しさだった。彼女の何がそうさせているのかは分からない。それでも僕の心は震えた。

 彼女とささやかに触れ合った瞬間に、僕は感じた。これまでの僕は、大きな思い違いをしていたことに気付かされた。それは僕が壁を作っているかどうかなんて、関係ない。壁さえも超越した感情だった。

 「僕は独りで、帰る場所も、受け入れてくれる人もいないのではなかったのだ。僕はこれまで、自ら独りを演出し、帰る場所を拒み、受け入れてくれる人を遠ざけていたのだ」

 壁を作っているなどと考えていたのは、その演出や拒絶、あるいは疎遠を正当化しようとした結果に過ぎないのだ。なんて愚かなことだろう。なんて浅はかなことだろう。

 僕は遠くへ行く必要なんて、ないのだ。

 声にならない声で、想いを超えた想いを、僕はここで呟く。

 願わくば、届けばいいと思う。願わくば、今度は直接届けに会いに行こうと思う。

 でも今はとりあえず、ここで呟く。

 ありがとう。

---------------------------------------------

 恐ろしいくらいに纏まりのない文章だ。ここ最近の中でも、抜群に文章としては不出来かもしれない。でも。

 よく考えてみれば、世界の多くはこれくらい纏まりに欠けたものなのではないだろうか。だから、思いついたままに文章とした。

 こういう文章のような出来事は、現実にも起こりうる。ふとした瞬間、端から見ればどうでもいいような時に、胸を震わす何かが起こり、感情を揺さぶり、思考を変化させる。

 なんだか不思議な心持ちのする文章になってしまった。そういうこともある。     circus

« 日常 | トップページ | やれやれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79458/6135472

この記事へのトラックバック一覧です: 呟く:

« 日常 | トップページ | やれやれ »