« 僕は今日もページをめくる。 | トップページ | サーカス »

2007年3月31日 (土)

円。

始まり。終わり。

回るのならば、どちらだって同じこと。

円。

無限。有限。

一方が一方をそれぞれ内包し、自然に独立する。

円。

点。線。

構築物は思想的には存在するが見えない。現実的には存在せずとも見える。

円。

上下。左右。

定義によって成り立ち、普遍の中で崩壊する。

円。

純粋。歪み。

互いが互いの意味を実体化する。それは観念的に。

円。

束縛。自由。

互いが互いの意味を実体化する。それは感覚的に。

円。

偶然。必然。

抗いようのないこと、受け入れるべきこと。

円。

シミリ。メタファー。

そこには総てが無い。そこには総てが在る。

円。

欲望。衝動。

はちきれんばかりの膨張、あるいはある種の象徴。

円。

記憶。経験。

現在は現在を規定しない。過去も現在を規定しない。未来が現在を規定する。

円。

季節。現象。

言葉に出来たなら、素晴らしい。たとえ出来なくとも、素晴らしい。

円。

出口。入口。

右手で宙に大きな円を描く。左手でその先を掴み取る。

---------------------------------------------

 これは、僕が数年前に書いた、ごく控えめに言ってとても大切な詩だ。今の僕の思考であったり、生き方を大きく左右した詩だ。自分で書いておいておかしい話と、他者は思うかもしれないけれど。

 物事は巡り巡る。その中で、僕自身もいろんな角度を巡り巡る。迷うこともある、惑うことも多い、さらには辛いことも重なるし、時に道も見失う。そんな時、僕はこの詩を思い出し、この詩を実際に試みる。

 右手で宙に大きな円を描く。左手でその先を掴み取る。それを、試みる。

 すると迷いが晴れる。惑いが振り切れる。辛さを乗り越え、道をまた探すことが出来る。

 そんな特殊な意味が、この詩にはある。

 誰に何が伝わるかは分からないけれど、誰かに何かが伝われば良いと思って、ここに書いた。

 そしてまた、不思議な円が繋がれば良いと想う。     circus

« 僕は今日もページをめくる。 | トップページ | サーカス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79458/5927898

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 僕は今日もページをめくる。 | トップページ | サーカス »