« 夜 | トップページ | 涙 »

2006年12月31日 (日)

つながり

世界に生まれ落ちた瞬間 総ては決まっているのかなぁ

出会いや別れ 愛の行方も巡り巡っているのかなぁ

あがいて出来ることなど たかがしれているかもしれない

だから時には胸が軋んだり 眠れなかったりするんだけれど

心配すんな 焦んなくていいんだ 今戸惑いすれ違おうとも

時を待つんだ 信じてみるんだ いつか自然と交差する

そうだ 確かな繋がりを僕らは目にするんだ

偶然もある 必然もある そんな日常だって嘘じゃないだろう

運命変える術なんてのは 誰も持っていないだろうが

それでも僕らは想いの限り 多くを選ぶつもりで

過ぎ行く日々を 流れる日々を ただあるがまま生きるしかなくて

言葉にならない 想いもあるんだ だから優しく抱きしめ合う

大げさじゃなくて 信じているんだ もっと触れ合い分かち合える

そうだ わずかな時間でも僕らは深まるんだ

形創られるものが総てじゃない だけど形無いものが総てでもない

僕らは寄り添い それを証明する

心配すんな 焦んなくていいんだ 今戸惑いすれ違おうとも

時を待つんだ 信じてみるんだ いつか自然と交差する

言葉にならない 想いはあっても 抱きしめあう 分かち合える

そうだ 確かな繋がりを僕らは手にするんだ

---------------------------------------------

 今年の出会いの総てが、書かせてくれた詩。衝撃的な出会いもあれば、ゆるやかな出会いもあった。でも、今確かに言えることは、そのどれもが素晴らしかったということだ。

 今年めぐり合った人とは、もしかしたらこれからも永く付き合えるのかもしれないし、いつの間にか疎遠になることもあるかもしれない。現段階では、そんなこと分かりようがない。けれど、だからといって、僕の一部に影響を与えてくれたことには、相違ない。

 今年、僕に絡み、触れあい、あるいは通過していった人々は、幸せになっているだろうか。果たして僕に、そんな力はあるはずがないとしても、僕はそういうことを必ず考える。僕は、少しでも僕と関係した人には、幸せになってもらいたいと考えるからだ。……たとえそれが、いかなる形であっても。

 この詩をブログに載せてしまうことは、多少なりの抵抗があった。それは、この詩があまりにも僕にとって大切で、欠かせない詩に成りえているからだ。メロディーが付随している状態ではないとはいえ、今一度、自分自身で見返すだけでも、心が揺れ動く。……自らが書いた詩だから、というだけではない。それ以上の何かを、この詩には感じている。

 もしも、さりげなくこのブログを垣間見て、さらに何気なくこの詩を流し読んで、ごく稀に何かを感じ考えてくれる人がいたとしたら、冗談なんかじゃなく、すごく嬉しい。……すごく、なんていう決まりきった形容詞を使いたくないくらいに、本当に嬉しい。

 とにかく、今年最後の更新に、相応しい更新となった。気まぐれな更新頻度のせいで、平均したとしても月に一度程度しか更新はしなかったけれど、来年はもう少し、このブログに多くを書いていきたいと思う。

 何はともあれ、このブログを通して、文章を通して繋がっている人々に、多くの感謝と、来年の幸せへの祈りを、ささげます。     circus

« 夜 | トップページ | 涙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79458/4745336

この記事へのトラックバック一覧です: つながり:

« 夜 | トップページ | 涙 »